中古トラックを売る方法を3つ紹介!どの方法が高く売れるの?

中古トラックを売る方法は、大きく分けて3種類あります。

・ディーラーで下取りしてもらう
・買取業者へ売却する
・個人売買で売却する

それぞれのメリット、デメリットを紹介します。

ディーラーで下取りしてもらう

新車のトラックに買い換える場合、最もメジャーな方法です。

メリット
・新車の購入と中古車の売却がディーラーで一度に手続きできて楽
・トラブルになるリスクが少ない

デメリット
・買取業者への売却や個人売買と比べて、下取り価格が安くなりがち

買取業者へ売却する

ディーラーではなく、トラック買取専門の業者に売却する方法です。

主な業者を紹介しています。こちらのページからどうぞ。

メリット
・ディーラーで下取りしてもらうより高額で売ることが出来る
・トラブルになるリスクが少ない

デメリット
・ディーラーへの下取りに比べれば、手間がかかる

個人売買で売却する

個人間(法人間)で、業者を通さずに直接売買する方法です。

メリット
・業者のマージンがないため、高い値段で売却しやすい

デメリット
・金銭の支払や不具合が発生した時など、トラブルになりやすい
・全ての手続きを自分たちで行わないといけないため、手間がかかる

結局、どの方法がオススメなの?

ディーラーへの下取、買取業者へ売却、個人売買で売却それぞれのメリット、デメリットを紹介しましたが、結局どの方法で売却するのが一番オススメなのでしょうか。

買取価格と手間、リスクのバランスを考えると、買取業者へ売却するのがおすすめです。
それも、複数の買取業者に査定を依頼するのがおすすめです。

今は、直接買取業者まで足を運ばなくても、ネットで簡単に査定を申し込むことができます。

査定は、買取業者が会社、事業所まで来てくれるため、手間もかかりません。

私のおすすめのトラック買取業者を紹介しますので、一度査定してもらって下さい。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ