【キャンター 買取相場】 三菱ふそう キャンター カーゴ、平ボディ、ダンプを高く売る方法

三菱ふそう、キャンターの買取相場と、高く売るポイントを紹介します。

キャンターは、三菱ふそうの小型トラックです。

現在、中古市場で主に取引されているのは、7代目(平成16年~平成23年)と、8代目(平成22年)です。

キャンターは、カーゴ、ダンプ、バン、キャリアカーなど、多彩なラインナップが展開されていますが、まずは大まかな相場を紹介します。

7代目キャンターの買取相場(平成16年式~平成23年式)

canter

年式 グレード 走行距離 買取価格
平成16年式 バン 482,000km 90万円
平成17年式 ダブルキャブ 153,000km 75万円
平成18年式 ダンプ 86,000km 100万円
平成19年式 バン 55,000km 125万円
平成20年式 バン 241,000km 114万円
平成21年式 バン 157,000km 122万円
平成22年式 ダンプ 85,000km 140万円
平成23年式 バン 88,000km 232万円

7代目キャンターの買取相場は、50万円~250万円です。

上記の価格表は、ほんの一例です。

トラックの買取相場は、タイプによって大きく異なります。
乗用車よりも買取価格の幅が広いので、お持ちのトラックの買取価格を知るためには、下のリンクから無料査定を受けてみてください。

買取専門業者は、ディーラーよりも多くの販路を持っているので、高く売ることができるでしょう。

トラックの買取査定は相見積もりが基本!

どの買取業者も高く買い取ります!!とアピールしていますが、当然買取価格に差は出てきます。

乗用車よりも価格が高いトラックだからこそ、相見積もりを取って高く売るべきです!

ここで、私がおすすめの買取業者を、3社紹介します。

リンクをクリックで見積もり依頼ページにジャンプします。

もちろん、見積もりは無料、Webから簡単に依頼できます。

【トラック買取.com】トラック買取無料査定プログラム

《トラック王国》は全国対応・即日現金支払い可能なトラック・重機の高額買取専門店!

1069堂(トラック堂) どこよりも高くトラックを買い取りします

買取価格が高いことで有名な3社です。

この3社で見積もりを取れば、納得の価格でトラックを売ることができるでしょう。

まだ買い換えるつもりはなかったけれど・・・、思わぬ高値が提示されたので買い換えることができた。という嬉しい声も頂いております。

8代目キャンターの買取相場(平成23年式~)

canter2

年式 グレード 走行距離 買取価格
平成24年式 バン 98,000km 282万円
平成25年式 バン 130,000km 227万円
平成26年式 ダンプ 36,000km 245万円
平成27年式 ロング 2,000km 438万円

8代目キャンターの買取相場は、250万円~450万円です。

上記の価格表は、ほんの一例です。

トラックの買取相場は、タイプによって大きく異なります。
乗用車よりも買取価格の幅が広いので、お持ちのトラックの買取価格を知るためには、下のリンクから無料査定を受けてみてください。

買取専門業者は、ディーラーよりも多くの販路を持っているので、高く売ることができるでしょう。

トラックの買取査定は相見積もりが基本!

どの買取業者も高く買い取ります!!とアピールしていますが、当然買取価格に差は出てきます。

乗用車よりも価格が高いトラックだからこそ、相見積もりを取って高く売るべきです!

ここで、私がおすすめの買取業者を、3社紹介します。

リンクをクリックで見積もり依頼ページにジャンプします。

もちろん、見積もりは無料、Webから簡単に依頼できます。

【トラック買取.com】トラック買取無料査定プログラム

《トラック王国》は全国対応・即日現金支払い可能なトラック・重機の高額買取専門店!

1069堂(トラック堂) どこよりも高くトラックを買い取りします

買取価格が高いことで有名な3社です。

この3社で見積もりを取れば、納得の価格でトラックを売ることができるでしょう。

まだ買い換えるつもりはなかったけれど・・・、思わぬ高値が提示されたので買い換えることができた。という嬉しい声も頂いております。

三菱ふそう キャンターの特徴、車種紹介

キャンターは、1963年から販売されている、三菱ふそうの小型トラックです。
三菱ふそうの中では最も歴史の古い車です。

現行型は8代目で、2010年から販売されています。
8代目キャンターは、小型トラックとしては世界初のデュアルクラッチトランスミッション(DCT)の採用や、エコハイブリッドの投入で、日野デュトロなどに対抗しています。

三菱ふそうは、リコール隠しが発覚し、販売台数が低迷していましたが、最近は回復傾向にあります。

最近は、買取相場も他社と比べて極端に安いということもないので、ようやく売り時がきたともいえるでしょう。

ただし、乗用車の方で燃費不正が発覚してしまいましたので、その影響が心配されます。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ